Published papers

[査読あり]

6. 転倒経験者と非転倒経験者を判別するための最適な歩行特徴の特定―足部クリアランス測定部位の違いと遊脚期の最大・最小クリアランスに着目して―

稲井卓真, 小林吉之, 中嶋香奈子, 沓澤岳, 工藤将馬, 二瓶史行, 中原謙太郎, 黄晨暉, 藤田浩二, 山本皓子

日本転倒予防学会誌, 2022年8月 

5.Age Differences in the Interpretation of Facial Emojis: Classification on the Arousal-Valence Space

Gaku Kutsuzawa, Hiroyuki Umemura, Koichiro Eto & Yoshiyuki Kobayashi

Front. Psychol. 13:915550. doi: 10.3389/fpsyg.2022.915550

4.Trait self‐control is associated with lower positive affective instability: Findings from an experience sampling survey

Michihiro Kaneko, Takayuki Goto, Yuka Ozaki, Takumi Kuraya, Gaku Kutsuzawa

Asian Journal of Social Psychology, https://doi.org/10.1111/ajsp.12524

3. Classification of 74 facial emoji’s emotional states on the valence-arousal axes

Gaku Kutsuzawa, Hiroyuki Umemura, Koichiro Eto & Yoshiyuki Kobayashi 

Sci Rep 12, 398 (2022). https://doi.org/10.1038/s41598-021-04357-7

2. セルフコントロールのトレーニング法の開発とその効果検証

沓澤 岳,尾崎由佳

実験社会心理学研究, 59(1), 37-45, 2019年8月

1.セルフコントロール尺度短縮版の邦訳 および信頼性・妥当性の検討

尾崎 由佳, 後藤 崇志, 小林 麻衣, 沓澤 岳

心理学研究, 87(2), 144-154, 2016年8月 

[査読なし]

1. ネガティブ情動喚起刺激の不確実性と好奇心が情動持続に与える影響

金子 迪大,沓澤 岳

東洋大学大学院紀要 53, 93-106   2016年

​Books

1. 沓澤岳・尾崎由佳 (2021). 非倫理的な誘惑を予期し,打ち克つ. 後藤 崇志, 日道 俊之, 小宮 あすか, 楠見 孝(編)未来思考の心理学 : 予測・計画・達成する心のメカニズム(pp. 508-528)北大路書房  ISBN:9784762831676

Patent

1. 感情記録支援装置と感情記録支援方法. 沓澤岳, 小林吉之. 特願2021-043215  2021年3月17日

conference activities & Talks

25. IoT×絵⽂字による感情変動測定システム“EMOSy”の開発 

沓澤岳,小林吉之

計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2022 2022年8月25日

24. 感情測定指標としての絵文字😁の応用可能性

沓澤岳

第39回感情と情動の研究会 2022年3月24日

23. Emojinside out: Classification on the valence and arousal axes in a population less familiar with emoji

Gaku KutsuzawaYoshiyuki Kobayashi 

22th Annual Convention of Society for Personality and Social Psychology  2022年2月18日

22. 健常成人女性の日常生活中における屋外での歩行特徴に関する予備的検討
小林吉之, 五十嵐健太, 沓澤岳, 二瓶史行, 中原謙太郎
第42回バイオメカニズム学術講演会  2021年11月27日  

 

21. なぜ「五分前行動」はセルフコントロール介入に適しているのか? ―複数の実行機能の使用反復がセルフコントロールの向上に与える影響―
沓澤岳
日本グループ・ダイナミクス学会第67回大会  2021年9月11日  

 

20. 絵文字が示す感情状態の解釈に関する検討 ―新たな感情測定指標としての可能性を見据えて―
沓澤岳
第187回社会行動研究会  2021年3月22日  

 

19. Self-control Improvement is Mediated by Improving Attention Control
Gaku Kutsuzawa, Yuka Ozaki
21th Annual Convention of Society for Personality and Social Psychology  2020年2月29日  

 

18. 会社は,変えられるか?「会社マインドセット」と自己研鑽的な学習行動・組織変革的な学習行動との関連
岩本慧悟, 沓澤 岳, 滝口 雄太, 尾崎 由佳
日本心理学会第84回大会  2020年  

 

17. セルフコントロールの新たなトレーニング方法の開発とそのメカニズムの検証
沓澤岳
第176回記憶・認知研究会  2019年11月30日  

16. Development and Validation of a new Self-control Training Method
Gaku Kutsuzawa
2019日韓共同セミナー Human Interaction and Social Cognitive Psychology  2019年11月22日  

 

15. 接近的/回避的欲望のセルフコントロール葛藤: 日常生活における経験頻度と規定因の検討
尾崎 由佳, 後藤 崇志, 倉矢 匠, 金子 迪大, 沓澤 岳
日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会  2019年10月20日  

 

14. Self-Control Training by Repeated Activation Goal Activation in the Face of Temptation.
Gaku Kutsuzawa, Yuka Ozaki
20th Annual Convention of Society for Personality and Social Psychology  2019年2月8日  

 

13.  ネガティブなふと浮かぶ記憶・思考との付き合い方:認知・社会・臨床心理学からのアプローチ
雨宮 有里, 沓澤 岳, 杉山 崇, 北村 英哉, 高 史明
日本心理学会大会発表論文集  2018年9月25日  公益社団法人 日本心理学会


12. Two Distinctive Faces of Interdependence in Social Relationships: Cross-cultural Comparison in Korea and Japan
Gaku Kutsuzawa, Chan Park, Injung Ko, Yuta Takiguchi, Kiyoshi Ando
2018 Annual Conference of the Korean Psychological Association  2018年8月17日  

11. Mental Contrasting, Implementation Intention, and Perceived Levels of Stress

Gaku Kutsuzawa, Yuka Ozaki, Noriyuki Narita, Hiroko Osaka, Saeko Hukase

19th Annual Convention of Society for Personality and Social Psychology   2 Mar 2018 

10. MCII (Mental Contrasting & Implementation Intention)による達成促進効果の検証

尾崎 由佳, 成田 範之, 逢坂 宏子, 沓澤 岳, 深瀬 菜瑛子

日本社会心理学会第58回大会   2017年10月29日

9. セルフコントロールの特性の高さがトレーニングの効果に及ぼす影響

沓澤 岳,尾崎 由佳

日本社会心理学会第58回大会 2017年10月28日

8.Improving Self-Control by Repeated Impulse Inhibition

Gaku Kutsuzawa, Yuka Ozaki

17th Annual Convention of Society for Personality and Social Psychology  January 21, 2017 

7.日常的な衝動抑制がセルフコントロールに及ぼす影響の検討

沓澤 岳, 尾崎 由佳, 後藤 崇志, 倉矢 匠 , 金子 迪大,  湊 麻由佳

日本社会心理学会第57回大会 2016年9月18日

6.Improving self-control by regularly practicing impulse inhibition: Investigation of a daily trajectory

Gaku Kutsuzawa, Yuka Ozaki

17th Annual Convention of Society for Personality and Social Psychology   30 Jan 2016   

5.セルフコントロールのトレーニング方法の開発:効果の促進要因の検討

沓澤 岳 , 尾崎 由佳 

日本社会心理学会第56回大会 2015年11月1日

4.日常生活における接近的/回避的欲望:経験頻度と 規定因の検討

尾崎 由佳, 後藤 崇志, 倉矢 匠 , 金子 迪大,  湊 麻由佳, 沓澤 岳 

日本社会心理学会第56回大会 2015年10月31日

 

3.心理的well-beingのon-line測定の試みと妥当性の検討

金子 迪大 , 湊 麻由佳 , 沓澤 岳 , 尾崎 由佳 , 後藤 崇志 , 倉矢 匠

日本社会心理学会第56回大会 2015年10月31日

 

2.セルフコントロールのトレーニング方法の開発とその効果の検証

沓澤​ 岳, 尾崎 由佳

日本心理学会第79回大会 2015年 9月23日

1.セルフコントロール尺度の短縮版の邦訳および信頼性・妥当性の検討

尾崎 由佳, 後藤 崇志, 小林 麻衣, 沓澤 岳

日本心理学会第79回大会 2015年 9月23日